エアウェーブ
  • エアーウェーブによるパーマ革命

    2007年に登場したエアウェーブは私達としても革命的なものでした。

    繰り返しかけても質感が損なわれず常に柔らかい髪を実感できる魔法のパーマ
    現在よく耳にする「クリープパーマ」も実はエアーウェーブの仕組みから応用されたものです。
    ※「クリープパーマ」は下記の乾燥工程がないので毛先のダレが若干見受けられます。

    そして2013年、そんなエアーウェーブがついにリニューアルしました。
    さらにパーマを進化させた最新の技術。
    ここではそのエアーウェーブの魅力や、より詳しいメカニズムをご紹介したいと思います。

  • エアーウェーブとは?

    そもそもエアーウェーブとはどんなものなのでしょうか?
    まず通常のパーマを想像してみて下さい。
    濡らすとウェーブがあるのに乾くと思ったよりウェーブが出ない…パサつく…広がる…
    誰しもそんな経験があるのではないでしょうか。

    これは、髪が濡れている状態で形状を記憶させるため、乾くと毛先が散らばったりまとまりが悪く感じたりするのです。
    当然濡れた状態をキープさせるため形状を崩さないように気をつけてスタイリングしていたはずですよね。

    今までのパーマの常識を覆したのがエアーウェーブです。

  • なぜ私たちがデジタル系を導入しなかったのか

    エアーウェーブとは、乾いている状態を記憶させる新・形状記憶パーマです。

    通常毛髪は薬品(パーマ液等)にさらされた状態で60℃以上の熱を加えられると、内部のたんぱく質が硬く硬化し、質感が低下するばかりか、ダメージが大きくなってしまい、元に戻ることはありません。

    ※矯正ストパーやデジパーは60~180℃の温度で行うためダメージが大きい事はご承知の通りです。

    BBS hair resortでは髪の健康を考え、デジタルパーマのしくみを理解した上で、髪に負担が大きくかかるので断固として導入しませんでした。

  • 最新エアーウェーブのキーワードは「オゾン」と「ビタミンC」

    エアーウェーブは、ロッドを巻き終わった状態からテストカールをし、髪に付いた薬品をしっかり洗い流します。
    この工程を行う事で髪への負担を大きく減らします。
    パーマにおける1番のダメージ要因となる薬剤(1剤)を髪から取り除き、ダメージの進行を防ぎます。

    ここからエアーウェーブ(機械)を使用していきます。
    まずたっぷりと「ビタミンC」を髪に与えます。
    その後、キャップをし、約50℃の優しい温風でゆっくりと温めます。
    濡れた状態でキャップをかぶせてから温風で温めますので「髪を低温で蒸す」といった感じです。
    約15分、ロッドに巻かれた髪の内部組織をロッドの形状に合わせて移動させます。
    これが「クリープ」と呼ばれる現象です。
    ※「クリープパーマ」はこの状態から2剤塗布となります。

    毛髪がほんのり温まったら次は乾燥工程です。
    専用ロッドにはチューブをつなぐ穴がありチューブをカチッと差込みスイッチをいれるとバキューム機能が働き、余分な水分を吸い取りながら乾燥させていきます。
    これが「ガラス化」と呼ばれる効果で、乾燥させる事で移動した内部組織を固定させます。
    そして進化したエアーウェーブの最大の特徴がこのガラス化時に「オゾン」を発生させること。

    オゾン&ビタミンCで酸化をしっかり促すので柔らかいのにしっかりとしたウェーブを定着させます。(約15分)
    尚、クリープパーマにはこの工程がありません。
    この後、これまでは2液処理と言って、ウェーブをしっかり定着させるため薬液を使い15分程度お待ち頂いておりましたが最新エアーウェーブではこの工程が必要ありません。

    乾燥した状態でロッドを外し、シャンプー台にて2~3分、優しく洗い流して終了です。
    2剤の放置タイムが必要ないため、施術時間も大幅に短縮できるようになり、通常のパーマと同じ時間で施術可能となっております。

  • エアーウェーブがかわいらしさを演出します

    エアウェーブをされた方はお分かりだと思いますが、本当に柔らかい質感で、ご自宅でシャンプーした時に今までのパーマとの違いが一番良くわかるかも知れません。

    さらに乾けば乾くほどパーマの質感が蘇るため、スタイリングがとても楽だと思います。
    そしてウェーブの持ちも通常のパーマの1.5~2倍。
    中には半年以上キープされている方もいらっしゃいます。
    さらに通常のパーマでは出にくかった根元のボリュームも比較的簡単に出せるようになりました。
    だれもがこんなパーマを待ち望んでいました。

    そして誕生したエアーウェーブ。
    エアーウェーブの登場以来、ヘアカタログや一般ファッション雑誌もかわいいパーマスタイルが増えエアーウェーブ自体もたくさん登場しています。

  • なんとリピートは8割以上

    現在BBS hair resortにてパーマをリクエストされるお客様の約8割はエアーウェーブとなっています。
    お手入れのしやすさや柔らかい質感がとても好評で、リピーターもどんどん増えてきています。
    BBS&PAPRIKA.でのエアーウェーブの価格は 他店と比較しても、とてもリーズナブルに設定しています。
    これは、「私達はパーマを売るのではなくよりダメージの少ないヘアスタイルをご提供する」との理念から低価格とさせて頂いております。
    そしてこのエアーウェーブを「パーマのスタンダード」と捉えています。
    私達は少しでも傷みにくいモノを ご提案できてこそプロだと認識していますから。
    これがBBS hair resortの顧客満足サービスの徹底につながっています。

  • エアーウェーブスタイリングのコツ

    エアーウェーブは乾燥した状態を記憶させますのでパーマと言えど、実はお手入れはとても簡単です。
    朝、寝グセを取り除くようにウェットにしたらしっかり、優しくタオルドライします。
    手グシを通し、軽く形を整えたらドライヤーで根元を軽くドライ。
    この時、毛先はウェットでも構いません。
    根元がある程度乾いたら髪を軽くコイル状にまとめて手のひらに乗せ弱風で毛先の水分を80%ほど飛ばします。
    その後、柔らかいタイプのスタイリング剤を毛先中心に馴染ませればOK!
    乾いてもカールがダレにくくふわふわの仕上がりになりますよ。
    一番のコツは決めすぎないこと。
    柔らかい質感がずっと持続しますのでご自宅でのお手入れも簡単です。